スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちとなり領土拡大遠征

ぼんそわ。
いちとなり文章担当の業村文若です。


仰々しいタイトルですがなんのこたぁない、浜松のイベントにも参加してみようかなと思っているだけです。

基本的にいちとなりは夏冬のコミケのみ活動していたサークルでした。
しかし今年に入ってからおいらの個人的な希望と在庫をはけたいという思惑から地元のイベントに参加したり、オンリーイベントに出てみたりと広く活動するようになりました。

そして今回、地元静岡だけでなく西部方面にも足を伸ばしてみようかと思い至ったわけです。
浜松といえばその昔、ファンクラブイベントでRevo君がお泊りした場所であり(正確には浜名湖ですが)今度の領土復興遠征で静岡県初となるSound Horizon王国の領土となる場所です。
そんな静岡で今最もサンホラ的に熱い場所をほっとくわけにはいかないでしょう!

と思って浜松のイベントに行ったマイミクさんに話を聞いたところ…
「あ~サンホラは全然いないよ。サークルがひとつ他ジャンルとかけもちで(しかも他ジャンルがメイン)ひとつあっただけでコスも二人しかいなかったよ」


な、なんだってーーーー!


どうやら浜松は東方とボカロ中心らしくサンホラは全く日陰の存在なのだとか。
まあ浜松に限らず静岡県自体がそんな感じなのですがね。
しかし静岡だってそんなにサンホラが盛んなわけではありません。
イベントに出てみて分かったことですがサンホラを知ってる人自体は多いのです。
ただ、メインでやってる人が少ないだけで決して需要がないわけではありません。

浜松だってサンホラーのマイミクさんがそこそこいます。
浜松の専門に通っている知り合いもクラスにサンホラーがたくさんいると言っています。
ということは浜松も静岡と同じでメインで活動している人が少ないだけで需要自体は少なくないのではないのでせうか?

そう考えると俄然やる気になってしまうのが業村文若という男。
いいじゃないか。
誰もやらないなら俺がやってやろうじゃん。
未開の地に種を蒔きに行ってやるぜ!
フロンティアが俺を呼んでいる←嗚呼でもそれは気のせいよ♪


というわけで6月19日にアクトシティで開かれる「おでかけライブin浜松146」にいちとなり、参加したいと思います。

まだ確定ではありませんがおそらく出ます。書類不備とかがなければ。
絵描きは来るかどうか分からないのでスケブ等はお受けできない可能性がございますがサンホラトークがしたい方やサンホラサークルってどんなものかを知りたい方、オンリーや静岡のコミライに参加できずにいちとなりの新刊が手に入らなかった方などおりましたら是非この機会におで浜においでくださいませ。
ぐるーみーを連れた胡散臭い三十路直前のおっさんがお出迎えいたしますよ(爆)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。