スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルコン&冬コミ(・∀・)

まいど´ω`)ノ
いちだよ!


と、言うワケで今さらですw
去る12/31、冬コミにサークル参加していたのはご存知のことと思いますが(?)、
その前日、12/30は国際フォーラムのメルコン行って来ました(´∀`*)

あの寒波でアホみたいに寒い中、物販行列に並びましてね。。。
殺す気か!?と(´・ω・`)


いや、色々あったんですよう!

と、いうのも、ボクは12/26のパシフィコにも参戦していたので、
グッズはそこでコンプしていく予定だったんです。

ほら、そうすれば、12/30は朝からコミケに行けるじゃないさ?

そしたら何のことはない、横浜じゃコンプできなかったんよね、コレ。
タオルが手に入らんかったorz

つか、せっかくアミューズメント並んで、
ガチャもキャッチャーも売り切れって悲しすぎるだろ(ノД`)

結局プリクラだけやりました。。。


で、まあ、12/30の物販は朝から並ぶことになり、
グッズはコンプできたものの、
結局ガチャは売り切れってね( ゚∀゚)

わはは、なんぞこれw

もういいよ、ばかやろう。


もともとは、物販後はコミケに行こうかなー、なんて考えていたのですが、
仙台のサンホラーさんにカラオケに誘われたので、
友人にコミケの買い出しを頼み、アキバのカラオケ館へ。


カラオケを楽しんだ後、フォーラムに戻ってメルコンっす!

いやあ、もう、ね。

レポは他の人のを見てくれればいいと思うのだけれど、
個人的には、宵闇の唄の前半部(PVぽくなってることろ)がかっこよすぎて鳥肌ものだった((((;゚Д゚))))

あと、ともよちゃんと王子はガチ

これは、ガチ!


今年は王子本作りたいわあ。。。


本当にクオリティの高い、素晴らしいコンサートだった。
余は満足だよ、もう本当に。


その後、別の友人と合流。
飲みに行ったりなんだりで解散し、翌日のコミケに備える(´∀`)




12/31、コミケ当日。

とりあえず、今さらながらコミケに関連したイラストをw


サークルカット
サークルカット

表紙絵
表紙絵


ぶっちゃけ、前日のライブが良すぎたので、そこで燃え尽きてしまっていた感が否めないのだけれど、
あたし、がんばるっ☆


いや、全然頑張れませんでしたけどorz


コミケが本番のはずなのに、おまけ化してたよね、完全に。

いつも(コスプレ広場を)ブラブラしてたりするのだけれど、今回そんな余裕が全くなく、
ずっとブースで死んでました(´・ω・`)


また、朝から買い出しを頼まれまして。。。

断りたいところだったんだけど、
前日に買出し頼んだ友人からの依頼だったので、
断るに断れず、開場前からCUT A DUSHに並ぶw

それでもう体力使い果たした感じw


毎度思うのだけれど、サークル入場って凄いよね( ´Д`)=3

8時頃に到着して、行列を横目にサクッと入場。

大手の列に並んでいて、10時を過ぎるとドバーッと人が波のように大挙してくるのだけれど、
この人達はあの寒い中を昨日の夜中から頑張っていたんだなあ、と思うと、
なんだか複雑な気持ちになるよ。

ボクは島中をブラブラするのが好きな人なので、大手にはあまり興味がないし、
行列って並んだことないんだよね。

開場前会場内行列って、ぶっちゃけどうかと思うんだ。

不公平というか、なんというかさ。

準備があるからサークル入場は仕方ないにしても、
それで並んじゃう、とか。。。

大手に並ぶためだけに、サークルチケットで入場しちゃう人とかもいるわけでしょう?

なんか、人間って醜いなあ、と。

まあ、今回初めて朝から大手に並んで思った、感想。

コミケは自分のペースで楽しみたい。

いや、そういう人たちに、これが俺たちのペースだって言われたらそれまでなんだけどね。


とにかく!
ミッションコンプリートして、ブースに戻ると、予想外に本が出ているではありませぬか(゚д゚)!

ナリムラさんが小説のコピ本を50部用意していて、
新刊購入して下さった方にコピ本を無料配布していたのですが、
ぶっちゃけ未製本状態のものが多く、
当日、ブース内で製本作業をしていたというw

ところが、以外と本がはけるもんだから、コピ本の生産が間に合わなくなりそうになり、
結構焦りましたよう(;´Д`)

そういえば、一昨年は現地でコンビニコピー→生産したっけなw

今回もコピ本は途中でなくなっちゃったんですが、
これ以上の現地生産がめんどくさかったので、
諦めましたorz

コピ本渡せなかった方たちには大変申し訳ない。

まあ、あれだ。

現地での生産終了後、ファイルの中に、3、4ページの紙が1枚だけ残っていたのは衝撃だったけど。。。
各ページ50枚刷ってるワケだから、そのページだけ1枚残るってのは要するに落丁だ。

ああぁぁぁー、
もう、本当にごめんなさい!

かんっぜんにボクらのミス!

近々サイトにうpするんだから!
見てくださいまし。。。


それとスケブスケブ!

ボク、スケブ頼まれたの初めてなんだw
や、うちのサークル、スケブOKなんて言ってなければ、紙も出していない。

別にスケブに対して否定的なものではないんだけれど、
スケブを描くっていう頭がはじめっからなかったっていうのが正解(´・ω・`)

自分ごときが頼まれるはずもないと思っていたし、
実際これまで頼まれたことなかったし。。。

だから、今回はじめてスケブ頼まれてすごく嬉しかった(´∀`*)
でも描く自信がなかったから、ずっとブースに戻らず逃げ回ろうなんて思ってたんだけどw

予想外にガス欠で動く気力がなくなり、ブースでボーっとしてたら現場に居合わせてしまったのですよ。。。

断りたくないんだ、本当は。
すっごく嬉しいんだよ!

でもでも、全然準備してなかったし、今まで描いたことなかったから何より怖くて不安で、
ボクがヘタな絵描いたせいで、うちのサークルのこと嫌いになられてもヤだし、
このヘボがっ!って思われてもヤだし、どうしようー。。。
的な、葛藤の末、お断りしてしまったorz

ああぁぁー、情けない!!

こんなに嬉しいのに、感謝の気持ちを絵で表せないなんて、
描き手としてこれほど恥ずかしいことはない!

なので、すみません。
夏までにレベルアップしてきます(`・ω・´)

その時はスケブばしばし頼んでやってください!


あと、うちにはボクの他にもう一人、ナガレさんて描き手がいるので、
その人にもばしばしスケブ頼んでやってくださいw


ちなみに、今回の売り上げはざっくり120冊ってとこでした。

これって、うちのサークルとしたら、えらいことです(((( ;゚д゚))))


結構前に、ボクとナリムラさんでサークルを立ち上げて、
コミックライブin静岡(通称:静コミ)に参加した時には、売り上げZEROどころか、
誰一人手に取ってくれる人もいなかったもんねwww

その本は通称:黒歴史本としてうちの押入れでお蔵入りしてるのですが、
とにかくそれがショックで数年間サークル活動を休止しましたもんw

その後、ひょんなことから行ったコミケで再びサークル活動を始める気になり、
ナガレさんが加入して、一昨年の夏コミでコミケ初参加、冬コミでサンホラ本を作り、
現在に至る、と。

売り上げ0冊から、一昨年の夏コミで初めて売れたときは嬉しかった(´∀`*)
結局その時は15冊も売れなかったんだけど、
それでも初めて売れた喜びが大きかったなー。

冬コミでは50部刷って、あわや完売の40冊超の売り上げ。
コピ本が途中でなくなるという、それまででは考えられない事態に陥ったり、
知らない人から差し入れを貰ったり、わざわざカタログやサイトでチェックして来てくれる人もいたり、
打ち上げの飲み会がすごく楽しかったw

少しずつ売り上げを伸ばし、今回の目標は100冊に設定していたのだけど、
それをクリアできたことが凄く嬉しい!!

買っていただいたみなさまのおかげです。

本当に、充実した年末を過ごせました、ありがとうございます。


今年は、オンリーとか、コミケ以外にも参加するイベントを少し増やしていきたいなあ、
などと考えているので、ひとつよろしくお願いします。


長文すみませんでした(´Д`)ノ
スポンサーサイト

桜庭ってあの桜庭か!?

さっき自分で固め打ちがどうとか言ってましたが……まさかほんとに三連続書き込みになろうとは(爆)

いやぁ世の中わからないものです。事実は小説よりも奇なり。いやマジで


そんなわけで何故また筆を執ったのかというと……新マキシイドへ至る森へ至るイド、通称「たるイド」(勝手に命名)の詳細が出たからに他なりません。
収録曲は

1 光と闇の童話  
2 この狭い鳥籠の中で
3 彼女が魔女になった理由

の三つ。
エイプリルフール企画(?)みたいなのにあった話から推測するにイドルフリート・エーレンベルクとかいう人が船乗りになるまでの話っぽかったけど……う~ん、この魔女になったっていう彼女を追って海を渡るのかなぁ?
あくまでフリル企画だからがっつり騙されてる可能性もあるんだけど。(汗)

まあ内容は分からないにしてもいくつか判明したことが。
今回のマキシには新ナレーターのSaschaという人が参加するらしい。ドイツ語担当だそうで今度の語りはドイツ語かぁ、などと思いをはせるもドイツ語がいまいち出てこなかったり(笑)ばーむくーへん?←馬鹿(アンタ的な意味含め)

それと個性的なプレイで知られる元MEGADETHギタリストのマーティー・フリードマン、元SIAM SHADEのドラマー淳士、作曲家でもある桜庭統をキーボーディストとして起用したりと、総勢約70名にも及ぶ豪華な楽団員達を編成するらしい。

まあ演奏家はなんか名前聞いたことある程度でしかないですが一人だけよく知っている人が!

桜庭統……ってあの桜庭統だよね?ヴァルキリープロファイルの曲作ってるあの!

マジっすか?以前クロスRevoか何かで名前を見た気がしたんですがまさかここにきて再びその名前を見ることになるとは……。

いやぁ、少し楽しみが増えました。

そんなこんなでまだ謎に包まれたままの新マキシですが……あんまあれこれ詮索するのも野暮というもの。黙って発売を楽しみにしますか。

今更ですが

だから言ったろう?書くときにはまとめて書くって(笑)

というわけで驚異の固め打ちならぬ固め書きの達人、文若です。
今回はちゃんとサンホラ本体(?)のお話です。
とはいっても全くもって目新しい話ではないのでディープなファンにはつまらないかとは思いますが(汗)


最近いろいろあって気分が少し落ちておりまして。ちと憂鬱だったわけですよ。

「よし、こういうときこそElysionだ!」

というわけで(?)会社の帰りにエリ組を聞いて帰ったのです。
いやぁ憂鬱な時こそエリュシオンだよね?いい感じにダークになれるわぁ……(ぉぃ
普段から黒いオーラを纏って生きているおいらですが気分が落ちている上にElysion聞いてその数倍の黒いオーラを纏っていたに違いありません。よく通報されなかったなぁ。

実はおいら、あまり第四の地平線って聞かないのですよ。
アルバムとして通して聞くのなんてほんとに数えるほどしかない。むしろDVDのほうが見てるんじゃないかな?
そんな感じなので実はElysionの詳しいストーリーを理解していなかったですよ。
あの暗さになかなかなじめないってのもありましてなんか途中で集中力が切れるのです。

しかし今回、気分が落ちていたこともあってなんかあの暗い空気に完全に同調し、ものすごく歌詞の意味を砕いて聞くことができまして。

そのおかげで今更ながらようやく「魔女とラフレンツェ」がどういう歌なのかを理解しました。(遅っ!)

いやぁ、なんつーか……なまじ元になった話を知っていたため逆に理解しづらかったんですが……アレな歌だったんですね(苦笑)

イザナギがイザナミを……おっとそっちじゃなかった(笑)
オルフェウスが嫁さんを取り戻しに冥界へ行く話しがベースになってるのにはすぐ気づいたのですが、それがラフレンツェとどう繋がってくるのかが僕にはさっぱりだったわけですよ。
嫁さんが実はラフレンツェだったとか?いやちゃんと名前出てくるし……みたいな。
そしたら……ねぇ奥さん?(苦笑)
まさかの昼ドラ的展開だったとは。

なんでしょうか?この分かったといいつつ文章で表現しづらい現象は(笑)
とりあえず言えることは「悪い男がいたもんだ」ってことでしょうか?

ちなみに個人的には、裏切りの代償に残酷な呪いを歌った「少女」は冥府へ行く道具として使い捨てられたラフレンツェだったのか、自分を救うためとはいえ他の女と契ったエウリュディケだったのか。
そういう可能性を考えるとより昼ドラっぽくドロドロとしてワクワクします。
しますよね?(爆)

サンホラカラオケオフ行ってみた!

またまた更新が滞ってしまいましたがお久しぶりです。
あなたの文若が帰ってきましたよ(爆)


とまあそんな冗談はさておき今日の話題は久々にサンホラです。

とは言ってもSound Horizon本体に関わるお話ではなくおいらがサンホラカラオケに行ってきたというレポートみたいなもんなのですが。

そんなわけでサンホラカラオケに行ってきました。
カラオケでサンホラはよく歌うものの実はガチのサンホラーと一緒にカラオケに行ったことがなかったのでドキドキものでした。

初対面の人だらけ、というのもありますがおいらが一番危惧したのは「余計なこと言ってしまわないか」ということです。

おいらはサンホラのギャグ漫画を作っております。その関係上、結構Revo君をネタにすることが多いので国民の皆様からすればあまり気分の穏やかでないこともあるのではと思ったのです。
いやぁお笑い芸人っていつもこんな感じなんだろうなぁ。なんとなくお笑い芸人の学歴が上がってきた理由が分かった気がしました。

まあそんなわけで多少の不安を抱えながらもカラオケスタート。

身内でやるときにはまず喉を暖めてからサンホラへ……というのが通常の流れなのですがいきなりのサンホラスタート!
しかも黒の予言書から!!いきなりアクセル全開ですよ!!!Σ( ̄□ ̄;
しかも何となく入れた曲のため誰が歌うか決まってない。みんな積極的な性格でないのか進んでマイクを取らないのでなんとなくおいらが歌うことに。
ながれ以外初対面の人、さらに真面目に歌ったことのない黒の予言書、おまけにこの歌超高音やんけ~~!!
もうおいらの心臓ばっくばくですよ。ばっくばくにしてやんよ(笑)久々に歌ってる途中で酸欠気味になった……。
そういうわけで1番(?)を歌ったところで他の方にバトンタッチ。し、死ぬかと思った……。
ちなみにおいらの後を継いでくださった方は女性だったのですが苦もなくあらまりちゃんパートを歌っておりました。くっ!機体の性能差がありありと……えぇい、連邦のMSはバケモノかっ!

まあそんな感じでスタートから心折られそうになりましたが始まってみれば同じサンホラー。人の曲にコーラスで参加してみたりと楽しく過ごすことができました。
つかみんなクオリティ高っ!
歌の質はもとより細部までの再現度がパネェっす!
いやぁ勉強になりました。
そして何よりライブバージョンとかやっても気づいてくれるのがうれしい!
やっぱ細かいネタに気づいてくれるのは楽しいね。

ついでにせっかくサンホラーが集まっているのでうちで作った本を見てもらうことに。
しかしその時衝撃の事実がっ!!!!!

「あれ?その表紙見たことある!コミケとか出てました?」

なんと今回いらした内の一人がすでにその本を購入していたのです!!
あんびりーばぼー!!!!
え?マジ?そんなことあるんだ!?Σ( ̄□ ̄;
いやぁ、世間って狭いもんですねぇ。(-_-;


まあそんなミラクルもありつつもカラオケは進行。
真ん中にボカロやリヴァイアサン、ポカフェリなどを混ぜつつ何故かコースターに絵を描いて交換したりとなかなかカオスになりましたが最後は再びサンホラに戻ってカラオケ終了。

いやぁ、最初はどうなるかと心配しましたが結果的に楽しく過ごせてよかったのではないでしょうか?おいらの失言もなかったみたいだし(笑)
そのうちまた参加したいものです。
……またそこで読者様に出会ったらどうしよう?

わ~ひ!

今年も国王生誕祭の開催が決定したみたいです。

昨年は二日目に参加して明夫ローランの美声に酔いしれてみたり、ぶっつけでコンキスタドーレってみたり、双子のお人形さんに首狩られてみたりしましたが(笑)あの興奮が再び味わえるわけです。

とりあえず「また会おう」と嘘をついていかれた陛下の言葉が嘘になってくれそうで一安心。
あれが最後になってたらほんと寝覚め悪すぎですぜ。(-_-;


しかし時期的に考えてそろそろ次のCDが出る頃。やはりその宣伝に生誕祭なんでしょうかねぇ。

まあそうでなくとも充分楽しめるのでどちらにしろ期待大です。
今年は二日とも参加できるといいなぁ、などと思う文若でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。